GWにラスベガス行ってきましたが現地SIMとしてZIP SIM(旧READY SIM)を使用してきましたので、その設定方法とか使用レポートとか。

今回は、日本のamazonで事前に購入できるという理由でZIP SIMに。仕事したり写真のクラウド使用も考えて14日間使用できるデータ1Gのものにすることにしました。

ちなみにこんな感じで出来事さんもオススメの一品です( ^ω^ )ニコニコ

正直な話、ソフトバンクユーザーは「アメリカ放題」があるのでSprintネットワーク圏内ならネットも通話も無料なのですが、そうでない方のためにもやはり実験台。


1.アクティベーション
SIMを差し込みます。ZIP SIMの電波をキャッチしたら、
SMSで”7850″宛に現地のZIP code(郵便番号)を送ります。(ラスベガスのPlanet Hollywoodあたりなら”89109″)
しばらくすると開通して自分の電話番号(ラスベガスの市外局番のついたもの)がSMSで送られてきます。ここまで数分待つことも。

2.データ通信設定
次のようにAPNを設定します。

a)データ通信
API name: wholesale
Username & Password: 空白

b)MMS
API name: wholesale
MMSC: http://wholesale.mmsmvno.com/mms/wapenc

c)Hotspot
API name: wholesale
Username & Password: 空白

d)LTE/4G
API name: wholesale
Username & Password: 空白


念のため再起動すれば完成です。

実はこのZIP SIMが本領発揮するのは米国内をあちこち巡るとき。
このSIMは市外局番にあわせて電話番号が変えられるので常に市内料金で発着信できます。

滞在先が変わったら、”7850″にまたSMSを送ります。
“Change 90210″のように新しいZIP code(今回はビバリーヒルズ)を送れば、新しい電話番号をゲットできます。(前の電話番号は再利用されるとのこと。よくできてる!)

問題の電波ですが建物内は圏外のところもありましたが、ほぼ困りませんでした。Sprintよりも電波状態は良かったような印象です。(あくまでも個人の感想です)LTEも速いしほんとにオススメです。次回の渡米時にも買っていきたいですね。ポーカーはほとんどしていないのでポーカーのレポートはありません。あしからず。

また新しいSIMを試したらレポートしたいと思います。

(つづく) たぶん…