image

くりあつJOPTチャレンジ②
全国の愛妻家の皆様こんにちは!
愛妻家初段(黒帯)のくりあつです。

それでは皆さんご一緒に、
「私は妻を愛していまぁ~すっ!!」

さて、挨拶も済んだところで、JOPTを振り返ってみたいと思います。(今回は2015年3月のJOPT 8 TOKYOのお話です)

JOPT7GFが終了して、ポーカー疲れも取れないまま、気がついたらサテライトに参加していたくりあつ。

サテライトに参加する理由?簡単です。そこにサテライトがあるからですよ。

華山派のサテライトで無事に権利を獲得したものの、JOPT当日である3月28日は私たち夫婦の5回目の結婚記念日でもありました。

なぜサテライトに参加したのかって?そこにサテライトがあるからですよ。

JOPTの権利は譲渡できません。華山派代表のだーしゅさんに相談したところ、「くりあつが参加できないのは残念だけど、結婚記念日じゃしょうがない。権利の譲渡は出来ないからチケットは記念にとっといたら?気にせず奥さんと話してごらん。」と温かいお言葉。

ワンチャンスに賭けて、奥さんに相談してみました。

(略)←公表できません。

奥さん「で、結婚記念日とポーカーどっち取るの?」
くりあつ「結婚記念日…」

こうして、くりあつのJOPT欠場が決定したのです。

が、その翌日。

無駄にJOPTサテライトを通過してアドオン権を獲得するくりあつ。

なぜサテライトに参加したのかって?そこにサテライトがあるからですよ。

サテライトを通過してがっくり肩を落とすくりあつ。

きっと、家庭でも廃人のように元気が無かったのでしょう。

奥さん「そんなに、ポーカー出たいの?」
くりあつ「いや、結婚記念日を無視してまで出たい訳じゃないんだけど、今回は特別なんだ。」
奥さん「どういうこと?」
くりあつ「(サテライトに通過したから)所属してるチームの代表として推薦してもらって、(たぶん)代表のだーしゅさんも(きっと)すごく期待してくれてるんだ。何より、前回の(サイドの)チャンピオンだから、改めて日本一にチャレンジしたいんだ(オールイン!)」
奥さん「…」
くりあつ「…(コール?コール?)」
奥さん「…」

奥さん「しょうがないなぁ」
くりあつ「(コールきたぁーー!!)」

「私は妻を愛していまぁ~すっ!!」

しかし、そこから本戦出場までの道のりは決して平坦な道のりではありませんでした。

JOPT当日に奥さんが体調不良になり、2歳の娘の世話をしなくてはいけなくなり、またしても欠場のピンチ。

当日は朝から実家に2時間かけて娘を連れていき、JOPT出場。

Day1通過後に実家に戻ると娘が眠れず号泣するので、再び2時間かけて自宅に戻り、Day2も2時間かけて実家に…

コンディションは最悪でした。

JOPTのファイナルテーブルでのヘッズアップ。

くりあつAJに対して400skyさんから、A4でオールイン。誰しもが優勝を確信したものの、4ヒットでポットを落とすくりあつ。

ヘッズアップの開始時は、270万対50万と圧倒的に有利なチップ差でしたが、その後徐々に差を詰められ、遂には逆転されてしまいます。

(うわーやばい。これ完全に負ける流れだ。ニコ生で放送されてるのに恥ずかしいなぁ…。1位と2位のプライズって、そんなに変わらないんだよな。ここまで来れたからそれでいいかな。もう疲れちゃったしな。)

正直、心が折れそうでした。

でも、サテライト通過して、家庭内サテライト通過して、家族みんなに支えられてここまで来て。
(きっと)だーしゅさんも期待してくれてる。振り向けば駆けつけてくれた仲間の姿がある。

もう1時間だけ頑張ろう。もう1時間だけ集中しよう。

最後は44でした。

オールインを44でコールして、セット引いて優勝。欠場危機からの優勝!!

表彰式が終わり、記念撮影が終わり、インタビューが終わり、会場に駆けつけてくれた仲間と喜びを分かち合いました。

祝勝会に行く前に…、

さぁ!奥さんに報告だ!

ぷるるるっ
ぷるるるっ
呼び出し音が繰り返されます。

ガチャ
奥さん「もしもし?」
くりあつ「あ、もしもし!」
奥さん「どうしたの?」
くりあつ「やったよ!優勝したっ!!」

奥さん「えっ?マジで?ちょーウケるんだけどー(笑)」

か、軽い(笑)
嫁さん軽すぎるわっ(笑)

結果的に、(きっと)誰よりもだーしゅさんが一番応援してくれていました。

家庭内サテライト通過の為に嘘はつかない。それがくりあつスタイルです。

このコーナーでは、全国の愛妻家の皆様から、ハートウォーミングな愛妻エピソードを募集しております。

くりあつを見かけた際には「おい、くりあつちょっと聞いてくれよ」とお声かけください。

さぁ、それでは皆さんご一緒に、
「私は妻を愛していまぁ~すっ!!」