スタッド愛に溢れている筆者ですがファイブスタッド、通称5スタ(ごすた)は世界の違う厳しいポーカーをいつも実感します。

というわけで、今回はファイブスタッドです。ここで第壱夜にあわせて、今日の内容説明をばっさり。

1)基本ゲーム
→下記に記載します。
2)ベット方法
→一般的に、ポットリミットが多くプレイされています。リミットでは面白さがでません。ノーリミットでもいいですが、ポットが最も面白いと思います。
3)エクストラルール
→ファイブスタッドで採用するエクストラルールはごく僅かです。
4)勝利条件
→ファイブスタッドは主にハイ、ハイローが行われます。バックカードが1枚しかないため、ローのみのゲームはなかなか成立しにくいのが理由です。
5)ジャッジ方法
→基本はコイントークが抜群に面白いですが、カードトークでもできます。駆け引きを必要とするゲームなのでコイントークにすることで、よりスリリングなゲームを楽しむことができます。

基本

スタッドはコミュニティカードはなく、プレイヤーが使用できるカードはすべてプレイヤー毎に異なります。このプレイヤー毎にオープンカードもボードと呼びますが、他にもストリートとも呼ばれています。各プレイヤーはハンドカードと、自分の前にだされるオープンカード(ストリート)を使用して手役を作成します。

セブンスタッドと大きく異なる点が以下の点です。

  • スタートハンドは1枚しか配られません。
  • プレイヤーは、ハンドカード1枚、ストリート(ボード)4枚の計5枚すべてを使用します。
  • ボードは1枚ずつオープンされるため、ベットラウンドは計5回となります。
  • 他のプレイヤーのボードカードは使用することができません。

上記ルールによってセブンスタッドと異なるのは、配られたカードは全て使用しなければならないという点です。つまり、ローを狙うほうもハイを狙う人も、1枚でも不要なカードが来ると計画が大幅に変更を余儀なくされます。伏せられたカードが1枚しかありませんので、よりシビアな洞察力と度胸が必要になります。

ゲーム進行

ゲームの進行方法はスタッドとまったく一緒ですが、スタートと最後が異なります。

プリフロップ(1stストリート)

ディーラーの左隣から各プレイヤーに1枚ずつカードが配られた状態で、ディーラーボタンの次のプレイヤーからアクションとなります。(ブラインドを採用した場合は、ブラインドの次からになります)

一般的にスタッドはディーラーの左から常に配られます。ルールによってディーラーボタンを使用している場合は、ディーラーボタンの隣から配るケースもありますが、一般的にルールを提示されていない場合は、ボタンがあってもディーラーの左から配るのが通例となっています。

プレイヤーはチェックかベットを選択できます。全員がチェックした場合は次に進みます。基本的には全員アンティとポットリミットで行うことが多いため、最初のオープンベットプレイヤーがフルポット打つことが多いです。

最初のプレイヤー以降は、コールすることもコンプリートにレイズすることもできます。

2ndストリート

残ったプレイヤーにオープンカード1枚ずつ追加しベットラウンドとなります。ベット順番は、ハイもハイローも数字の高いプレイヤーからとなりますが、最も高い人を選択するのはポーカーの役になるのでワンペアがある場合はペアが優先になります。同じ数字の場合はディーラーから左側で最も近いプレイヤーからとなります。

3rdストリート

残ったプレイヤーにオープンカード1枚ずつ追加しベットラウンドとなります。ベット順番は、2ndストリートと同じです。

4thストリート

残ったプレイヤーにオープンカード1枚ずつ追加しベットラウンドとなります。ベット順番は、2ndストリートと同じです。

5thストリート

残ったプレイヤーにオープンカード1枚ずつ追加しベットラウンドとなります。ベット順番は、2ndストリートと同じです。

最後のカードは重要なカードなので場所によっては裏向きにくばって、バックカードとは一緒にせずに絞ってみるなどを採用しているケースもあります。

ベットアクション終了後、勝利判定を行ってゲーム終了です。

こぼれ話

非常にシンプルですが奥の深いゲームです。言うまでもなく最も最初にプレイされたスタッドゲームで、これを起点に後にセブンスタッドができたと思われます。ポーカーとしてはチキンレースのようなギリギリ感と、たった1枚のバックカードを活用したブラフなど、ポーカーの本質の一番濃いところを体感できるかもしれません。

プレイされるエクストラルール

5スタペアイズワイルド(ダイナマイト・ニトロ)

5スタを面白くするワイルドのひとつはペアイズワイルドです。5枚のなかでペアになったカードはその2枚ともがワイルドカードになります。ツーペアの場合、両方のペアがワイルドになるため、キッカーのファイブカードということになります。(QQ22AならAのファイブカード)

一節にはニトロという名称がついているゲームのひとつで、以前ご紹介したスペダイ(スペシャルダイナマイト)よりも死人がでるほど危険なゲームなのでニトロ、という言われているとか。

このルールはあくまでもペアイズワイルドなので、スリーカードはただのスリーカードです。バックカードがペアっているのかどうか、嘘をつくのも、嘘を見抜くのも醍醐味の一つになります。

5スタフルチョイスバックイズワイルド

自分が知っているルールの中でもっとも長いタイトルのゲームです。

バックイズワイルドは第二夜でも説明した、バックカードが常にワイルドカードになるというルールです。つまり持っているカードは常にワイルドになります。そして、そのカードと同じ数字はワイルドカードになります。5枚のなかでペアがあれば必ずスリーカード、スリーカードを持っていればかならずフォーカードになります。

これにフルチョイスというルールが加わります。フルチョイスは全てのオープンカードをディーラーは裏向きに配ります。プレイヤーは配られたカードと元々持っているバックカードの2枚から任意のカードをオープンカードに選べます。これにより、バックカードを変更することで戦略性が一気に増えます。